ウェアサブ

ウェアサブ

穴あけ作業中は,主に摩耗パイプと摩耗摩耗がドリルパイプとケーシングの間で起こる。摩耗サブは、ドリルパイプ、ツールジョイントとケーシング間の摩耗を避けるために使用されます。コンパクト構造や操作性の良いなどの特徴を持つので,サブユニットはドリルパイプやケーシングの耐用年数を延長でき,掘削ツールの振動や震えを低減できる。また、接触摩擦を制限することができます。

特徴:

当社の摩耗サブは、非常に摩耗ゴムスリーブ、金属硬化ライナーとサブボディで構成されています。ゴムスリーブは、サブボディの中央に設置されており、スリーブを自由に回転させるためのクリアランスが与えられている。ゴムスリーブは、良好な耐摩耗性を有するゴム混合物である。掘削動作中に


は、ゴムスリーブとサブボディは相対的な回転を行うことができます、ゴムスリーブO . DはドリルパイプツールジョイントO . Dより大きいので、ツールジョイントとドリルパイプはケーシングと接触することはできません。セーバーSubの上のゴムそでは、最初にケースと接触します。ラバースリーブとケーシング間の摩擦が生じると,摩耗やソフトなどのゴムスリーブの特徴によりケーシングへの摩耗を低減でき,同時にドリルパイプとドリルストリング工具の工具継手への消費を低減することができる。


技術的仕様:


メッセージを残す

製品

お問い合わせ

sales@saigaogroup.com susan@saigaogroup.com
+86-531-69959201
lqg18653457231
+86 18653457231
Zhongrun Century Center, No 12111,Jingshi Road, Lixia District, Jinan City, Shandong Province. P.R. China

お問い合わせ

sales@saigaogroup.com susan@saigaogroup.com
+86-531-69959201
Zhongrun Century Center, No 12111,Jingshi Road, Lixia District, Jinan City, Shandong Province. P.R. China